«前の日記(2008-02-20) 最新 次の日記(2008-03-17)» 編集

おこたの国


2008-03-08

_ [tDiary] バージョンアップの備忘録

ようやく 2.2.1 に上げた。FreeBSD の ports は /usr/local/share/examples/tdiary が書き変わるだけなので、実際のインストールは自前でやる必要がある。もしかしてやり方があるのかもしれないが知らんので。まぁ、手動でやる時の手順。

portupgade

まぁ、これはやっておくだけ。 japanese/tdiary にしてるんだけど、www/tdiary との具体的な違いがよくわかない。www/tdiary-devel は死んでるっぽいな。

データをコピー

とりあえず、作業用のエリアにデータをコピー。ここでは、$DOCUMENT_ROOT と同じ層に tdiary という名のままコピってしまう。どのみち、apache からは見えないし。

cd ${DOCUMENT_ROOT}の一個上
sudo cp -p /usr/local/share/examples/tdairy .
cd tdiary

index.rb を修正

以前 からやってる作業。GET,POST,HEAD 以外のリクエストには 405 を返すためのもの。2.2.1 でのパッチはこんな。「とりあえず」といいながらもう4年かぁ。

tdiary.conf をマージ

@data_path/tdiary.conf があれば、$DOCUMENT_ROOT のこいつをあれこれする必要はなさげなんだけど一応。新旧の .sample の差分を、直しちゃ diff かけ、目検しながら取り込む。

自前のデータを移動。

apache を止め、自前のデータを旧 DOCUMENT_ROOT から移動してくる。

sudo /usr/local/etc/rc.d/apache22 stop
cd ../data
sudo mv d favicon.ico index.rdf okota* go robots.txt ../tdiary

えいやで、作業エリアのディレクトリ名を本物に差し替え、apache を起動する。

cd ..
sudo mv data data.old
sudo mv tdiary data
sudo /usr/local/etc/rc.d/apache22 start

普通なら、外から見えないようにしてテストするもんだけど、そんなことしなきゃいけないようなサイトじゃないので、えいや。

様子見

ん? 曜日が「J」になってるな。

sudo cp -p data.old/misc/plugin/jdate.rb data/misc/plugin/

リロード。うんうん直った直った。う〜む、いいかげんだ。

_ [COMP] Baiduspider

久々に apache のアクセスログをあれこれ眺めてたら、百度のクローラがやってきてるのに気づいた。百度からのアクセスは pf で一律に落としてたはずなのに、これはどうしたことかと思いきや、ネットワークブロックを新たに取ってたのね。

クローラの行儀を良くしますなんつってるけど、頻度が下がっただけ。しかも、うちでは Baiduspilder に対して 403 返してるっつーのに、懲りる事なく数分おきにやってきてやがる。RFC くらい読めっつの。

というわけで、pf に喰わせるブロックアドレスに、122.152.140.0/23 を追加。

122.152.128.0/23        # BAIDU-NRT-NETBLK01
122.152.140.0/23        # BAIDU-NRT-NETBLK02

BAIDU-NRT-NETBLK03 はまだ無いみたいだけど、また増えるんだろうな。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ KA (2008-03-08 21:12)

手元だと403では黙りませんが、robots.txtを喰わせてやると黙るようです。<br>喰っても直後のクロールには反映されないのがムカつきますが。<br>どうせ収集効率しか考えていない業突な作りなのでしょう。<br>いったん抑制できれば1日1回程度のrobots.txtチェックで済むようです。


2002|10|
2003|10|12|
2004|01|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|05|07|08|09|10|11|12|
2009|02|06|08|09|
2010|02|08|
2011|08|
2012|07|
2013|01|06|09|10|
2019|07|10|
2020|07|