«前の日記(2006-08-12) 最新 次の日記(2006-08-17)» 編集

おこたの国


2006-08-15

_ [MANGA] 買い物リストの元ネタ変更

本屋の店先で見たまんがを自分が既に買ってるかどうか、記憶だけで判断できるのは 20代までであろう。まんがってのはやたらめったら発行され、とんでもない数があっという間に廃刊になっていく。廃刊になるとよほどのことがないと再刊されたりしない。迷ってると買い逃してしまい二度と入手できなくなる。そんなタイトルが年々増えてくるもんだから、「迷ったらとりあえず買っておく」なんてことを 30過ぎたあたりから始めてしまった。で、部屋にはダブりまんがが山積みになっていくわけだ。いや、ダブりとわかってるってのはまだマシだ。気付いてないだけで実は、なんてことになってるはずだ、絶対に。

これではいかんだろう。電算屋としては機械的に解決できるはずだと考える。

殆どのまんがには ISBN が付いている。自分ちにあるまんが全部の ISBN を読み取って DB にいれておき、簡単な CGI で参照できるように組み、 出先の本屋から疑惑のまんがの ISBN をケータイで入力して、持ってる持ってないをチェックすれば完璧ではないか。

考えるのはタダである。だいたい、「自分ちにあるまんが全部の ISBN を読み取」るなんてのからして手動では不可能だ。なら、バーコードリーダーを買い込むのか? なんか仕事してるみたいだぞ。あれこれ調べ始める。いまどきのケータイならバーコードが読み取れるらしい。しかし、あれって QR コード以外が読めるんかいのぉ? で、読み取って、そこから書名やらはどうやって手に入れるんじゃい。まぁ、そこは amazon だよりかねぇ。ISBN さえあればそこは問題ないだろう。やっぱ、バーコードリーダーか。

とかなんとか、あれこれ考えても、週末1回分で片づかなければ進展しない。物理的なデバイスを必要とした時点で、この計画は遠くなった。

それでも、新規に購入する分くらいは DB 化してもよかろうってことで、ウェブ上で公開されてる新刊情報から購入リストを作り、買ってきたものの ISBN は手動で入力して DB 化する仕組みを作った。が、あっという間に ISBN の手動入力をサボるようになってしまった。当然じゃん。それこそバーコードリーダーでもあれば別なんだろうけど…

問題は、物理デバイスの導入をケチってることであるんだが、逃げ道がないのもいけなかった。ウェブ上で公開されてる新刊情報に ISBN が載ってないのだ。あれこれ探して、ここ数年はまんが王倶楽部を使ってきた。ここの CSV データはいいかげんだけど、予約・販売に使ってる HTML データの方はさすがにキチンとメンテをしている。が、ISBN が無いんだよね。ISBN さえあれば、購入リスト上で「買ったぞ」フラグを立てるだけで、「自分ちにあるまんが」DB ができあがってくのだ。新刊分だけしか網羅できないとはいえ、 新刊リストを作りだしたのって、4年も前なので、元データに ISBN が入っていれば、逃げの運用でもそれなりの蓄積になってたはずなのだ。

ということで、ちょっと昔の話の続きです。

見つけたのだ。ISBN 付きのデータを。本やタウン近刊情報である。しかも、シリーズ名や判型まである! これは大きい。古いデータが残ってないのが残念だが、今月分と来月分があれば実運用に耐えられる。ここを探さなかったはずはないので、以前はこういう情報は出してなかったんだと思われる。あとは精度がどれくらいあるかだ。まんが関連は結構ギリギリになって発売が来月に延びたりするものだけど、今月分の更新日も7月頭のままになってるので、変更分は反映されないのかも。変更に関しては、まんが王倶楽部は強いんだけどな。1次データは本やタウンのものを使って、まんが王倶楽部の方は変更情報のみを使うようにするか? データの比較をしながら様子を見てみよう。

つうことで、本やタウン情報で来月の発売データを試しに作ってみました。 http://www.noroi.jp/d/20060815.2006-09.xml。 それなりにデカいので、 Firefox で読むとしばらく返ってこなくなるので注意が必要です。 さて、こうなったら腹を括って、バーコードリーダー導入を再検討するかなぁ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ ed (2006-08-17 20:49)

買おう買おう。これなんかどないだ?<br>http://www.cfcompany.co.jp/product/socket/CX2800-489.html<br>うまく行ったらあたしも使うから;-)

_ (2006-08-17 21:02)

お、よさげ。<br><br>てか、それより ed さんは、「それでも町は廻っている」と「恋愛ディストーション」が先ですってば。


2002|10|
2003|10|12|
2004|01|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|05|07|08|09|10|11|12|
2009|02|06|08|09|
2010|02|08|
2011|08|
2012|07|
2013|01|06|09|10|
2019|07|10|
2020|07|
2022|08|