最新 追記

おこたの国


2006-03-01

_ [Diary] Mac mini

ああ、Mac mini。光デジタル入出力が付きやがった。 ああああああ、買ってしまいそうじゃないか! これで、波々エフェクトが付いてきたら間違いなく…

追記

波々エフェクトは付いてくるそうな。 むぅ。なんか自分を押し留める術はないものか。 調べて回ると、スキャナのドライバがきっと対応できてなさそう。 去年の1月から更新されてないし。

つーことで、まだまだ買えんな。ふっ。

本日のツッコミ(全14件) [ツッコミを入れる]

Before...

_  [どうやって使ってるかというと、 ScanGear CS プラグインを photoshop から軌道して利用しているの..]

_ ed [あ、あたしのことはお気になさらずに:-)]

_  [RSSにツッコミは入れないように設定しているのだが、 どうやらカウントだけは有効なようで、ツッコミが入れば入るほど ..]


2006-03-03

_ [MANGA] esoaparte トップ絵更新

ひさしぶりの連携企画(?)。 てか、30girl の更新が少なすぎるともいえるんだが。 朋ちゃんのナース姿が 寝不足で朦朧としているオツムに響きます。 リハビリ絵の保存が間に合ってよかった(?)。

リリコの作るオムライスは絶品らしいので、 やはり、実樹の作るカニ玉はうまいのだろうか…

ああ、4592142330はまだ買えてない。 本屋の空いてる時間に帰りたいぞ。


2006-03-05

_ [Futbol] リーガ第26節 バルサ-デポルティボ 3-2

どう見てもデポルペースの前半なのに、やたらとバルサを褒める変な解説。 試合運びはどうにもチグハグ。 数多くのチャンスを自壊させてる間にコテンと 2失点。 イニエスタも、あれを決めてればヒーローだったのにな。

後半はバルサペース。 前半のもたつきがなんだったかというくらいに。 ファン=ボメルがそんなに効いてるようには見えんのだけどな。


2006-03-08

_ [Futbol] CL B16#2 バルサ-チェルシー 1-1 (3-2)

攻撃サッカーを捨てて守りきった。 きって見せたということ? ライカーの読み勝ちですか。

ポゼッションの数字、番組の終わりに出てくるグラフで見るとバルサが上回ってた時間の方が多いんだけど、 前半の印象としては、チェルシーに支配されてたように見えた。 が、後半は安定してしまい見た目の緊張感も薄れてしまった。 こう、抑え込み方があまりにも効果的に機能してて、安心して見てられるというか(8日が代休というのも大きい?)。 最初はチェルシーの速いカウンターが怖かったんだけど、 あれだけパスミスを繰り返されると気が抜けてしまったやね。 いや、やってる方は最後まで気を抜けなかったろうし、 実際に抜いてなかったわけだけど、見た目がね。

ロナルジーニョの個人技での得点。 テリーの「おいおい」ってなプレイでの失点。 なんか、セカンドレグも去年と似てる。 違ったのが、守りきったことによって、大量失点がなかったことか。 やっぱ、ライカーの読み勝ちですかね。

ブジョールがサスペンションで次節出れんのが気になるなぁ。 早めの累積枚数クリアで吉と出るといいんじゃが。

追記ついでに修正

再放送を見てるんだけど、 前半をチェルシーが支配してたなんてことはほぼ無いな。 何を見てたんだろう、俺。


2006-03-12

_ [Diary] そして今週末も寝続けた

20年以上使い続けた綿入れ袢天がぼろくずのようになったので、 ようやく買い直す。綿入れはかさばるので、通販で。 作りがしっかりしてていい感じ。 これまでのは表地が化繊で、 背中んとこが電気ストーブで焼け落ちたことがあった(京都勤務の頃だから、もう 17年も前か)ので、 表裏とも木綿ものを選択。手触りも良くって気にいってるんだけど、 さて、もう冬は終わりなのでは? いや、あったかくなっていいとは誰も言っとらんぞ? あと、30年くらい冬のままでいいっつうに。

今週は、チャンピオンリーグ週で、なんかもう同じ試合を見続けた。 バルサ-チェルシーは、 Barça TV で倉敷-金子コンビでもやってるし、 チェルシーTVでも八塚アナ実況でもやってるという豪華さ。 見倒しましたがね。 もう、ファーストインプレッションはことごとくひっくり返ってしまった。 ホント見る目がねえな、俺は。

今月上旬はまんがのデモノが少ない。 「4575940046」あたりが目玉かなぁ。 ようやく「4575832146」が出るものの、 この巻から装丁が新装版に。途中で装丁変えんなよな、まったく。 あたり! ってのは、 しおやてるこの「4832264516」。 普通の 4コマ単行本の厚みで完結しているあたりも好印象。 おすすめです。 そして、「4592181557」で、 相好を崩す。

お、「B000E9WZQE」のジャケ写が amazon に出てる。 「ほらね、春が来た」という感じがよく出てていい。 しかし、本編59分って、どんなじゃ。


2006-03-13 One of These Days

_ [Diary] 吹けよ風、呼べよ嵐

願いがどっかに届いたのか、寒波来襲。 ああ、袢天がぬくい。

_ [Futbol] リーガ第27節 オサスナ-バルサ 2-1

気合いの入ったプレスに苦しむ。 って、これが最後まで続くわけないんだから、 いつものように受け流してりゃ済むはずなんけど、耐えきれんかったようだ。 オサスナの足が止まった時には、バルサもヘトヘトになってたようで。 さすがに、CL の疲れが出たかなぁ。 徹底したプレスに皆苛ついてたし、カードも山ほど出てたし。

そいや、モッタの一発ロハって、久しぶりに見たなぁ。 ベレッチが怪我で、エジミウソンとモッタがサスペンション。 あれ? マルケスがピボーテに上がってオレゲルが中にくると、右がいなくなるな。


2006-03-15

_ [Diary] いや、いわんとしてることわかるんじゃが。

B000EMGGYI。 雑誌の創刊。 amazon の本タブのトップに、雑誌の取り扱い拡充を知らせる部分があり、 その直下に紹介してあった。 このリンクがいつまでもつかは不明。 そんなことより、この雑誌の副題が耳目を… 「小学生ママの子育て応援マガジン」。 いや、あのね。

確かに、初心者を小学1年生あたりに喩えることはあるんで、 ここに書かれてることもわからんではないが、 オタが真っ先に思い浮かべるのは、 星雲賞も獲ったサンライズの異色作のこっちだろう。 なつみ応援マガジンかい、って。

まま4 は、DVD Box(B0000C9VQL,B0000ZP6FE)が VAP から出てるんだけど、 画質がめちゃ悪いそうなので未だに買ってないなぁ。


2006-03-16 春は物欲

_ [Diary] 意志の弱さは折り紙ツキで

去年の今頃、 わたしのバケツはあふれてしまったわけですが、 昨日今日とシーズン到来の前兆が目や鼻に出始めてます。 夕方から雨になったので帰りは平気だったんだけどねぇ。

ということで、 何の脈絡もなく 24型のモニターが欲しくて堪らなくなってたりします。 NANAO のこれね。 Mac OS X のウィンドウシステムはバーチャルデスクトップ機能が付いてこない(3rd party 製のソフトを入れない限り)し、 focus-follows mouse にはできない(できても、raise-lower function がないんじゃ使い物にならない)んで、 モニターはデカければでかいほど便利なはず。 つか、職場でマルチモニターを試したら、思わず楽しかったので、 広い画面が無性に欲しくなったのだ。

Intel Mac mini を我慢してる自分へのご褒美に(本末転倒なのは百も承知)、 ちょろっと週末に、ホホホイと買ってきてしまいそうじゃ。


2006-03-19

_ [Futbol] リーガ第28節 ソシエダ-バルサ 0-2

エジミウソンは2枚目の黄色は取り消されたそうで。 でも、ディフェンス陣が今日は変。 そう上がってるわけでもないのに裏を取られすぎ。 ジオは不安定だし、プジョルとマルケスは途中で故障。 マルケスは交代してしまった。 さらにもって、ディフェンスに不安が。 なら、前目はいいかというと、 ラーションが絶好調なのを除くと、これまたなんか変なペース。 デコも調子が悪そう。

イニエスタはピボーテで、マルケスと交代。 あの位置からチームをコントロールできるように早くなって欲しいんだけど、なんかまだ、無難にこなしてるだけという印象。 ところで、Wikipediaのチャビのエントリが すげー詳しい。クライフなんか 目じゃないというくらいの情報量。 思わずうれしくなってしまったり。

妙な不安定さはゲームが進むうちに薄れていったけど、 なんかこう淡白な感じ。 お、エジミウソンも怪我? 一気にディフェンサが薄くなってしまったか。むむむ。

_ [MANGA] Pocket #1/しおやてるこ/芳文社/MANGA TIME KR COMICS

483227533X こないだナニゲに買った「4832264516」がアタリだったんで新刊群と一緒に購入。 しおやてるこは、まだこの二冊しか出てない模様。 MOMOに載ってた「スキヤキ」はあまり印象に残ってないんだけどねぇ。 いやいやいや、期待以上のデキで大満足。

なんといってもエミちんが最高。 アキちゃんの話もうれしはずかしで読んでて楽しい。 それにしても、床屋の娘たちといい、 なにゆえダイスケはこんなにモテるのか。 いやまぁ、モテても本人が気づいてないんじゃしようがないけどな。

作者のサイトには 単行本未収録分や、Pocket のプロトタイプである「ぼくのおねぇちゃん」もあったりして必見。

気になるところとしてはキャラの描き分けかな。 特に女の子たちは髪型をコロコロ替えてくるので、見分けにくい。 前髪の形とまつげと二重か否かだけじゃ厳しいのだ。 チョコレートは、登場人物が限られてたんでなんともなかったんだが、 Pocket は多いからね。 ほんとは、シルエットだけで判別できるのがベストなんじゃが、 そうするとあまりにマンガマンガしちゃうからなぁ。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_  [読んではないけど積んではある? 袋の中っつーことはないよね? とりあえず、チョコレートも買ってきませう。]

_ ed [どこかにある…。たぶんどこかの袋の中…。 チョコレートは買ってないな。この表紙なら絶対買ってるし、買ってたら覚えてる..]

_  [MozEx は便利だよ。 ちょっと長めのテキストを入力する時は必須です。 MacOS X ではうまくいかないんだけど..]


2006-03-21

_ [MANGA] esoaparte 天アレ 本編開始!

いや、ほんとは「天ノリ」なんですが、まぁ、久しぶりの本編っつーことで。

トリビアの雑種犬ネタ。 実は、トリビアの泉って見たこと無いんだけど、 M:NBG のまとめのおかげで、 くまなく見てる気になってたり。 しかし、プレッソ以外、忠誠心なんぞ欠片もなさそうだが、 それはともかく、悩んでるキャロ —意外と腹黒— さんがめんこい。

アレ? トップページの「天ノリ」んとこが赤いマークになってない…

[追記]

Web Comic Ranking って、 ロックファイルがどうのって、いつまでたっても直らんね。 で、投票数が極小のままになっているという。 いったい、どう作ったらあそこまで間抜けな仕組みにできるのやら。 ちょっと貸してみぃ、俺が直したらぁ! とか思ってる連中は多いに違いない。


2006-03-22

_ [MANGA] さんさん録第32話/こうの史代/漫画アクションNo.7(通巻88号)/双葉社

こうの史代は裸足の足と指である。

礼花さんのもこもこ靴下(あれはソックスなんてカタカナな品ではなく「くつした」である!)もいいんじゃが、 「4575937002」でハマったものとしては、 やはり、裸足の足と指でないとな。 後二話で最終回(たぶん)。前々回から続く緊迫の展開の中、「はだし」の礼花さんが出てきてググっとくる… ってのはやはり少数派だろうな。いやでもね… って、やめとこう。

広島弁死闘編などとハシラに書かれてたりするけど、 広島から山口の海岸線に親戚が散らばってる身としては、 さして苦労なく読めてしまったり。 まぁ、音で聞いたらわかるけど、字で書かれるとわかりづらいってのはあるやね。 しかし、広島弁ネタでそのまま落してしまうとは。 惚け顔がすばらしい(意味不明)。


2006-03-23

_ [Futbol] リーガ第29節 バルサ-ヘタッフェ 3-1

このゲームも立ち上がりが不安定。 そこを見事に突かれた感じで失点。

後半、イニエスタがまたピボーテに入ってから、 中盤は安定したか。 ベレッチを下げて、モッタがセンターでオレゲールが右に移動。 ベレッチによる穴は塞げたけど、 安定したディフェンスには程遠い。ううむ。

それはともかく、イニエスタがいい働きしてて嬉しい。


2006-03-25

_ [Futbol] リーガ第30節 マラガ-バルサ 0-0

ロナルジーニョとデコを休ませた中盤はタメっつーことをしないんで、 落ちつかないったら無い。 なんかこう、泥仕合になる予感。 みな、そんなに走り回ってばかりいると後半バテるぞ。

むむむ。ほんとに見るべきところも無く終わってしまったがね。 序盤にあった得点チャンスを生かせなかったのが痛いな。 もったいねぇ。


2006-03-27

_ [Diary] スタニスワフ・レム死去

Wikipedia の更新、早!

ひたすら SF を読みまくっていた時期ってのがありまして。 図書館の棚を端から総まくりみたいな。 レムは、ごついハードカバーのなんかの全集の一部で読んだだけなので、 数も数編しかなかったんだけどね。 小学生にはちと早すぎたのか、 「ソラリスの陽のもとに」なんてちっとも面白くなかったんだけど、 「無敵」は圧倒的だった。

後になって読み返したくなり、探しても見つからず、 「4150102732」などという味も素っ気もないタイトルになっててがっかりし(「無敵」という題では翻訳されてないそうなので、これはたぶん記憶違い。解説読んで原題で覚えていたらしい)、 進化していく機械というモチーフも さほどめづらしくなくなってたためか、 当時の感動は得られなくてがっかりしたり。

でもまた読み返したいかな。 今ならまた別な読み方ができそうだ。 あ、完全な真空 も面白そう。


2006-03-28

_ [MANGA] それでも町は廻っている/石黒正数/少年画報社/YKコミックス

478592604X あろうことか、これを知らないという知人が数人いたので、 いまさらながら紹介したりして。

ツカミに使った「メイド喫茶」のおかげで、 「萌え」系と思われて敬遠されてしまい損してんじゃないかと不安だったりするんだけど、中身は正当なるギャグまんがだ。 主に話は商店街を軸に主人公の周囲十数メーター内で展開するだけど、 ネタがいちいちツボに嵌ってしまう。 「ブンブーン」といい、Live long and prosper な「メイド!」といい、 「第二の天敵」を前にした担任の苦悩といい… 木星表面からの映像ネタは、何重にもツッコミどころが用意されてて、 どこまでがギャグのつもりなのかがわからんあたりまでネタにしてるとしか思えん展開で、読んでる方は腹をかかえて床を転げまわるしかない。

ギャグばかりだけでもなく、微かな恋愛ネタも丁寧に描かれてて、 逃避行話も大好きだったり。 あの「覚えとらんのか」という流れが、もう! 最高。

ついでだけど、絵柄も好み。 デカ過ぎる俊子なんかより、 歩鳥のエプロンを控え目に形作る曲線の方が温かみがあっていいんだけどなぁ。


2006-03-29

_ [Futbol] CL B8-1 ベンフィカ-バルサ 0-0

鷹を飛ばすシーン、両チームの選手紹介パネルのバックにしてしまってて大映しにせず、 リプレイのスローモーションのみって、どういうこと?

さて、やはり気になっていたのはバックライン。 モッタとオレゲルがセンターで、左右はジオとベレッチ。 イニエスタがピボーテという配置できた。 ディフェンスはモッタ中心。ボールが必ずモッタを経由してくという徹底振り。 さすがに、ブジョルがいるときのようには、 デフェンスラインを思い切って上げたりはしてなかったものの、 それなりの位置に保ってたのはさすがか。 セットプレイでのバランスが悪かったのはある程度仕方なさそうだが、 やたらとミドルシュートを打たれたところは不満が残る。

いや、それよりも、イニエスタの堂々としたピボーテぶりが嬉しかった。 ペナルティエリアのちょい前あたりでボールを奪われるというチョンボが一度あったものの、 それ以外はボールのカットといい、散らし方といい、 溜めの作り方といい、ほぼ満足できる出来だった。 長い距離のドリブル突破なんて余禄も付いてきたし。 ペップがチャビにいったといわれる話が頭をぐるぐると。

立ち上がりから幾度もあったチャンスを生かせなかったっつーか、 両キーパーのスーパーセーブのおかげっつーか、 スコアレスドローになってしまった。 チェルシー相手ん時のようなチリチリした緊張感はないけど、 小気味良いプレーが続いたためか、とっても楽しめたゲームだった。 そうそう、こういう試合が見たいからバルサを見続けてるんだよな。

さて、 マラガ戦に続いて決定機を逃しまくったわけですが、 アウェイゴールが取れなかったのがどこまで響くものなのやら。

_ [CD-DVD] かみちゅ! #8

B000E9WZQE 最終巻。 TV版最終回の15話も大幅に追加シーンがあり、 この追加分だけで尾道三部作的テイストを加えて見せた。 本編59分は伊達じゃないやね。

で、ほんとの最終話。 皆が途上にあるんだということを示しつつ、ゆるーく一日分の成長を見せる。 なんにも起きない話で一話作ってしまうってのは、 マミエミ あたりで始まった流れだと思うんだけど、 MAICO2010リスキーセフティで 「なんにもない日」を作ってきた舛成孝二は、 私にとって、望月智充安濃高志の後継者に見えるんだな。 この調子で、丁寧な作りの「なんでもない話」を作ってって欲しいもんだ。

んでだ。ツボを突くシーンがいくつもあるのが嬉しい。 健児や、章吉みこペア話もいいんだけど、 まず、なんといっても割烹着でしょう。しかも夕暮れのいいシーン。 んでもって、拝殿に布団敷いて川の字並びでの一連のシーンもいい。 晴れのちハレの中吉で初日の出。 うまいねぇ。


2002|10|
2003|10|12|
2004|01|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|05|07|08|09|10|11|12|
2009|02|06|08|09|
2010|02|08|
2011|08|
2012|07|
2013|01|06|09|10|
2019|07|10|
2020|07|