«前の日記(2002-10-27) 最新 次の日記(2003-12-10)» 編集

おこたの国


2003-10-11 痒いところに手が届かない

_ [COMP] fvwm i18n patch

むアンテナで知った、ウィンドウマネージャーの国際化状況。わが fvwm-1.24r は当然非対応なのだが、ちょいと探すと fvwm-1.24r 用の i18n 対応パッチが見つかった。をぉ。さっそく導入。LC_CTYPE に日本語ロケールを渡して起動すると、ちゃんと Firebird のウィンドウタイトルに日本語が! 長年見慣れてきた画面にとうとう変化が!

って、いいことばかりでもない。ウィンドウマネージャーを LC_CTYPE をセットして動かしているということは、ウィンドウマネージャーから起動したプロセスはみなこの環境変数がセットされて動くことになる。これはとっても嬉しくない。LANG ほどの凶悪さではないにせよ、xterm が文句を言ったり、テキスト加工で微妙にヤな目に合うことになったりしそう。Web ブラウザのウィンドウタイトルに日本語が出るのは嬉しいが、それ以外は黙らせる方法はないものか…

とりあえず、XTerm*Locale: no をリソースに入れ、.bashrc で LANG, LC_* を unset するようにしたけど、本質的な解決ではない。fvwm を変更し、LANG や LC_* を叩き落とした *envp[] を用意しておいて、execl(3) を execle(3) するようにでもするかなぁ。

_ [COMP] なんとかする日

setlocale("LC_CTYPE, "") と環境変数を見るのではなく、起動時に -locale 引数で明示的に指定するように変更した。指定されなければ環境変数見るようにした方がいいのだろうけど、自分用パッチなのでよし。


2002|10|
2003|10|12|
2004|01|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|05|07|08|09|10|11|12|
2009|02|06|08|09|
2010|02|08|
2011|08|
2012|07|
2013|01|06|09|10|
2019|07|10|
2020|07|