«前の日記(2008-03-27) 最新 次の日記(2008-07-06)» 編集

おこたの国


2008-05-31

_ [COMP] Mac OS X 10.5.3

今回のアップデートの目玉は FlashPlayer プラグインの脆弱性対応であるのは間違いのないところなのだが、SafariStand で Flash の自動実行が抑制できてるのでニコ動自粛で済んでた身としては、スリープできないという不具合が解消したというのが一番の目玉だった。

端折って書くと誤解を招きそうだが、『指定した待機時間を過ぎたらスリープする』というのが機能しないという不具合が解消したのだ。モニターは切れるし、外部ディスクもきちんとスリープするし、電源ボタン一回押しによる手動スリープも機能した。Mac mini 本体だけが、待機時間経過後スリープしなかったのだ。

この不具合、そもそも Leopard にした時から始まっていた。いや、それはちょっと違うな。たぶん、PPC Mac mini を Tiger で使っていた頃もスリープしてくれない時期があった。どこかのアップデートで直ってかなり嬉しかったのだが、日記には書いてないな。まぁ、直ってしまえばそんな記憶も薄れるってもんだ。

が、Leopard でその不具合が復活した。一旦ログオフしておけばスリープするので、ログオン中に起動しているアプリのなにかが影響していたようだ。起動中のアプリをすべて終了させてもスリープは始まらないので、勝手に動いているサービスのどれかが原因なのだろう。Intel Mac mini は結構熱をもつので、手動スリープさせてから寝るなんて習慣が付いてしまった。でも、これだと、枕元に置いた X31 の iTunes で DAAP 経由の音楽聴きながら就寝てなことができない。供給元になっている間はスリープせず、再生を止めてから指定時間が経過するとスリープに落ちてくれるので、結構便利なのだ。

まぁ、そんな不具合が解消した。ようやく安心して枕元で iTunes が使えるよ。


2002|10|
2003|10|12|
2004|01|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|05|07|08|09|10|11|12|
2009|02|06|08|09|
2010|02|08|
2011|08|
2012|07|
2013|01|06|09|10|
2019|07|10|
2020|07|