«前の日記(2004-09-15) 最新 次の日記(2004-09-17)» 編集

おこたの国


2004-09-16

_ [Diary] ほんとに冬になりつつあるのか?

なんか急に寒くなってきたような。帰りには、そろそろ上着が要るなと思うくらい。

悲しいかな、セルティック-バルサは開始時間が大幅に遅れてたこと、録画テープの残りがギリギリになっていたことなどから、後半10分すぎで録画が止っていた…なんかもう、前半は、いいようにボールが回り相手を蹂躙していた感じ。「そうだよ! こういうバルサが見たかったんだ!」てなもんで、見ていて涙が出そうになった。後半は機能しなくなって、追いつかれ、しょぼしょぼの展開が続いてて、「おいおい、これじゃマズかろう!」とか思っているところで、テープがバシャンと終ってしまった。なんと再放送はその日のうちに3回もしてたようで、その3回目の再放送中に途中で切れる録画を見てたという間抜けなことをしてたみたい。4回目は明日だよ。やれやれ。

今月の頭、ports の mod_perl が 1.99r16 になったときに、Apache::Server.pm が無くなったみたい。気付いてませんでした。startup にこいつの use が書いてあったため、ログのローテートで restart した時に apache が起動できず、そのまま止まってた模様… いやはや。

_ [MANGA] 絶対可憐チルドレン/椎名高志/週刊少年サンデー42号 短期集中連載の#4

そうきたか。美神の時のような、中編短編折り混ぜた形態の連載がしたいんだろうか。もはや短編読切りばかりでは持たないか。今ちょっと、[有]椎名百貨店 3巻の表紙カバーの折り返しの四コマが頭の端をかすめていったぞ。美神のときに、単行本一冊を超える長さのエピソードを混ぜてっても週刊ペースでは息切れしてしまうと気付いたから、その後長編ストーリーものへと方向転進したのだと思っていた。そういうばかりじゃなかったんだ。

個人的願望としては、月刊、それよりも隔月刊・季刊程度のペースで、密度が高くバラエティに富んだ読切り短編(たまに中編)を書いてって欲しいんだけどな。今回のは、個々のギャグも生き生きとしてて楽しめたというのに。最後の広告ページのノリも良かったのに。このまま週刊ペースの連載に突入してしまうと、きっとたぶん…

しかし、どうしてサンデーに拘るんだろうか。もうあそこは、「わけのわからぬ作品が群雄割拠できるというリベラルな」世界ではない。あそこの編集が欲しがってるのは、ジャンプで流行ったものの二番煎じを描けるまんが家であって、確固とした個性を持つ作家じゃないというのに。そういや、

どっちに転んでもこの続きは描けることになってますんで

[完成原稿速報040813より引用]

とあったな。とするなら、サンデーでの連載を阻止すべくアンケートは捨て置くのが吉と。で、できれば、月刊誌あたりでのんびりやって欲しいものだ。


2002|10|
2003|10|12|
2004|01|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|05|07|08|09|10|11|12|
2009|02|06|08|09|
2010|02|08|
2011|08|
2012|07|
2013|01|06|09|10|
2019|07|10|
2020|07|